一般社団法人そだち☆うちだよしかの日々徒然
芦屋こばと保育園 芦屋こばとぽっぽ保育園 様 研修 ご感想
こんにちは。保育研修講師 内田淑佳(うちだよしか)です。

兵庫県芦屋市にあります
芦屋こばと保育園  芦屋こばとぽっぽ保育園 様より
研修のご依頼を頂き

「コミュニケーションの秘訣~子ども・保護者・職員間~」をテーマに
二時間の研修を させて頂きました。

2016042919283616c.jpg

2016042919274132a.jpg



保育業務 終了後の 18時15分から という
時間帯でしたが
皆さま 意欲的にディスカッションしてくださり、有意義な時間を共有することができました。

ありがとうございました!!

頂きました ご感想の一部を
ご紹介します。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・開園3年目、現在の状態に ぴったりと合った研修で、とても良かったです。
大人にも子どもにも、沢山の安心ストロークを送り続けていきたいです。

・いろんな環境の子どもがいるが、快のストロークで将来 心の強い人に育つこと、私たちの仕事の大切さを改めて知ったような気がします。

・普段、心がけているつもりでも、日常の忙しさから雑な対応になってしまうことを反省しつつ、改めて研修の機会を得たことで、これからの保育、保護者対応に気を付けていきたいと思う。

・人間関係はとても大切なもので、その大切なものを作るためには、まず一人ひとりが大切な存在だということを伝えていくことが大事だと思い出せた。

・保護者とのコミュニケーションも、毎日の積み重ねですね。小さなことでも毎日、何かしら声をかけていくようにしていきたいと思います。

・コミュニケーションって難しい…と思っていた時だったので、今日からでも実践できることを たくさん教えて頂いて、ありがとうございました!
プラスのストロークを満たすこと!ですね。

・とっても分かりやすく、あっという間の二時間でした。
無条件のストロークの大切さが よくわかり、職場だけでなく、人と接する時のコミュニケーション全てのことだと思いました。
自分の娘にも無条件のストロークをたくさん伝え、自己肯定感の持てる子に育って欲しいと思いました。

・否定的ストローク「怒る」「叱る」は、以前 何かで意味が違うと学んだが、受け取った側にとっては どちらも「不快」ということに納得した。
相手の受け止め方、子どもでも「不快」は当然であり、思い違いをしていたことに気付かされた。
この事柄だけでも講義に深い意味があったと思う。

・相手に快を感じてもらえたら、自分も快を感じられると思いました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この研修では、
コミュニケーションによって生じる
色々な感情を
大きく 快・不快 に分けて考える方法を
紹介しています。

こちらの思いも色々ですが
コミュニケーションは 全て
「相手」が 何を受けとるか…です。

そして
「相手」が快を感じることが
「自分」の快になること

それが とっても大切です。


素晴らしい気付きを
たくさん得てくださった先生方、

このご縁を頂きました園長先生、

本当に
ありがとうございました!!



一般社団法人そだち
代表&保育研修講師
内田  淑佳




スポンサーサイト
発達を促す 遊び
こんにちは。保育研修講師 内田淑佳(うちだよしか)です。

先日は、大阪にて
『保育の質を高める研修会』
新年度スタート・ステップアップ研修の第二回
「発達を促す あそび~保育所保育指針を解説!~」を開催いたしました。


子どもは
遊びを通して成長・発達していきます。

では、どんな遊び が
子どもの成長・発達に 必要なのでしょうか…

本来、子どもは
自分で伸びていく力を持っています。

ですから私たちは
自然に見守る…だけで、
本当は 良いのかもしれません。

しかし
時代の変化によって
子どもの育つ環境として
良いとは言えないものが
増えてきている…とも思います。

そういった背景…
何より
保育園には、子どもの『生きる力を育む』という課題が
(家庭の子育て力が低下している、という見解→保育園に期待)
ありますので、

子どもたちの環境、
子どもへの関わり方、

プロとして しっかり
考え、工夫していきましょう。


研修の内容は、
「保育所保育指針」の
「発達」の章を順に見ていき、

「発達過程」を踏まえることで
その年齢に必要なあそび が 見えて来ますよ、
というものです。


子どもの発達には
特性があります。

それは、順に、発達していく、
というもの。

例えば、
首がすわる→寝返りが出来る→お座りが出来る→ハイハイ→つかまり立ち→立つ→つたい歩き→歩く…

順に、なのです。

首が すわらなければ 寝返りは出来ない。
寝返りが出来なければ
お座りは出来ない。

つかまり立ちが まだなのに
歩けるわけがない…。


ですから
自己主張の時期に
ちゃんと自己主張しないと

他人の思いに気付くことは
出来ない。

他人の思いに気付くことが出来て
だから
ルールの大切さがわかる。


このように
順に、
何を身に付けたら
次に何が出来るのか…


私たちが
子どもたちに身に付けて欲しい

社会性や道徳性というものの

獲得(芽生え)までの
道すじ が、
「保育所保育指針」の「発達」の章に
示されています。


何度も繰り返し
「ルールを守りなさい」と言う前に

ルールが守れるようになるには
どんなことを経験してくる事が
必要なのか

そのための
遊び は、どんなものか

大人は
どう関わったら良いのか


そんな風に
考えて欲しいのです。


「幼稚園教育要領」
「幼保連携型認定こども園 教育・保育要領」

ともに、「保育所保育指針」と同じ内容になっている部分も多いのですが、

残念ながら
この「発達」の章は
「保育所保育指針」にしか載っていません。

幼稚園、こども園(幼保連携型)で働く先生にも
ぜひ参考にして頂きたいと思います。



一般社団法人そだち
代表&保育研修講師
内田 淑佳



個別の相談&質問に お応えします!
こんにちは。保育研修講師 内田淑佳(うちだよしか)です。


前回お知らせしましたように
個人セッション★グループセッション
を始めました!!


キャッチ2


講座を受講して頂くと
考え方は よくわかる!のですが、
では
具体的に どうすれば?
という所は
ケースバイケースですよね。

子ども一人ひとり
違うわけですし、
園のやり方や
周りの人とのやり取り…など

考えないといけない
具体的なこと、が
沢山あります。


具体的なケースについて
相談、質問のできる場所として
活用して頂けたら…と
思います。


個人的な悩みでも
OK!です!!
キャッチ※




講座受講者さまは
割り引き特価!となっております。

※グループセッションは 2~3名様での実施となります。


何から始めたらよいのか、
あなたの第一歩が わかります!

詳細・お問い合わせ・お申し込みはコチラをご覧ください。
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/12265






一般社団法人そだち
代表&保育研修講師
内田  淑佳



コミュニケーションの本質を教えてもらいました!
こんにちは。保育研修講師 内田淑佳(うちだよしか)です。

先日 大阪で行いました
『保育の質を高める研修会』
「コミュニケーションの秘訣」

受講くださった先生方からの
ご感想を一部ご紹介します。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・全ての人との関わりという視点で学べました。
普段から、肯定的に人に関わるよう努めてきたのですが、本質を教えてもらったような気持ちです。
スタッフに是非 伝えて、チームがより良くなるよう活かして行きたいと思います。

・研修に参加させて頂いて、とてもわかりやすく、楽しく受けることが出来ました。
コミュニケーションの秘訣を学ばせて頂いて、園にもどり、すぐに伝えて実践していきたいと思います。
子どもに対しても、肯定的、無条件のストロークで接していきたいと思います。
3時間が あっという間に終わりました。ぜひまた参加したいです。

・自分の保育を見直す良い機会になりました。子どもを叱る時に「いつも」とつい言ってしまうことを反省し、無条件の肯定ストロークを学んだので、保育に活かしていきたいと思いました。
苦手な大人とのコミュニケーションも、まずは変化の承認から、出来そうなので、やっていきます。
情動感染を上手く使えるように、表情や声のトーンを意識して、気持ちを上手く伝えられるようになればと思いました。

・自分に当てはまる所、職場の人で思いあたる人など、話を聞いていて思い浮かびました。それぞれが、より良く仕事が出来たり、過ごせていけるようなコミュニケーションをとっていこうと思いました。
無条件に肯定的ストロークは、当たり前のこと、でしたが、やはり好意を持てない方に対しては、なかなか難しいと感じた。でも、意識しながら今後は関わっていこうと思いました。

・子どもに対して、自分でも使いたくない言葉を使ってしまっていた時もあったので、やめようと思ったと同時に、安心出来るようにオウム返しや名前を呼ぶなど、まずは認めることが大切だと感じました。
自分で考えて意見を出したり、チームになって実際にしてみることで、考えたり感じることが多く、とてもよかったです。
最初の自己紹介で私が言ったことに対してアドバイスが頂けてよかったです!

・とてもよく解りました。楽しかったです!
質問したい場面が何度かあったのですが、先を聞きたいのもあり、大したことない私の質問で話を止める勇気がなかったです(私の性格の問題です)。
安心ストロークの大切さが身にしみて、これからの私の関わる相手(園児や職員、息子たちや主人)に対して、新たな気持ちで接していこうと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

皆さまと
有意義な時間を共有できましたこと、
感謝いたします!

質問…できなかった先生!
ごめんなさい!!

これは
私の方に配慮が足りないことです。
申し訳なかったです…



どうしても
時間いっぱいいっぱい…に
なりがちの私の研修…
反省し、改善も図っておりますが
個別の質問が
アンケートに書いてあったり…します。

お名前を記入頂いている場合は
後日お手紙を送らせて頂いているのですが、

やっぱり
皆の前で質問…
しにくかったりしますよね…


そこで…
個別セッションを開始することに
いたしました!!


具体的なケースについて相談したい!
もっとつっこんで!質問したい!!

という方に
ご活用頂けたら…と思います!


★講座受講者さまは
割り引き価格!!

★お得なグループセッション(2~3名様)あり♪


詳しくはコチラ↓をご覧ください!
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/12265



お会い出来ますこと
楽しみにしております!



一般社団法人 そだち
代表&保育研修講師
内田  淑佳



何故「いじめ」や「虐待」が 起きるのか
こんにちは。保育研修講師 内田淑佳(うちだよしか)です。

昨日は大阪にて
一般社団法人そだち 特別セミナー』
【「いじめ」と「虐待」を考える】を
開催いたしました。

受講者様から頂きました
ご感想の一分を紹介します。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・自分の子ども、地域の子ども、全ての子どもたちのモデルになれるよう本物の「優しい人」になりたいと思いました。
また、子どもたちに「世界で一番 安心できる場所」を作ろうと思いました!!

・強い人は優しさが大切だという言葉が印象的であった。
いじめと虐待のことがよく分かった。
心理の本質がよく理解できた。

・以前も来させて頂いたのですが、安心という事の大切さがよくわかりました。
自分自身は安心のある家庭で育ったので、厳しさがあっても躾を受け入れて来れたんだと思いました。
躾が行き過ぎて虐待に近づくと思っていました。子どもを大切に思う気持ちを持って取り組みたいと思います。

・何が正しい保育なのか…というのは、よく考えますが、私たちが見守れる時期(就学前)だけでは わからないと思います。
でも、今の時期に愛情を注ぐことが、やはり大切だと思いました。
厳しく、優しくを大切にしていきます。

・「強い人は優しく」そのモデルが私たち(職員)だということ、自園に持ち帰り伝えたいと思う。

・「いじめ」と「虐待」については、難しさを感じています。
子どもを守りたい、「守る」ことの大切さを感じつつ、思うようにいかない もどかしさもあります。
みんなが笑顔でいられたら どんなにいいでしょう。
私たちに出来ること、その一つを教えて頂きました。
頑張っていきます。

・傍観者の心理、体罰について、もう少し聞きたかったです。
「心の安心」とても学びになりました。今日から自己愛を大切にしたいです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


今回は、後半に
NPO法人 日本心理カウンセラー協会
代表理事 前田大輔先生をお招きして
「心」のお話をして頂きました。

前田大輔先生の著書一覧はコチラから


実際に「いじめ」が起きている現場
「虐待」の起きている家庭に
直接 関わっているわけではない…
という 人も多いけれど

一人ひとりの「心」のあり方が
世の中を変える第一歩だと信じて
啓発活動に取り組んでいます。


あなたは
何故「いじめ」や「虐待」が 起きるのか…
知りたくないですか?

次回は
4月25日(月) 13:30~16:30
兵庫県民会館

詳細・お申し込みはコチラから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a557d5c1423974

お待ちしております。

一般社団法人そだち
代表・保育研修講師
内田 淑佳

保育の就活 応援します!
こんにちは。保育研修講師 内田淑佳(うちだよしか)です。


本日は
ベルサンテスタッフ株式会社
から
保育の就活 応援サイト がオープンしました♪

その名も
『ほいコレナビ 2017』
http://hoikucollection.jp/navi/2017/sp/

2017年春に、保育園や幼稚園、こども園に
正規職員として就職したい!方を対象に

就活に役立つ情報満載の
「えんさがし」サイト です。

ヒトコトで言うと
保育の仕事に就きたい方と
保育者を募集している園さんを
繋ぐ サイトです。

本日オープンですので
これから成長していくサイトなのですが

私が
サイト内で コラムを担当させて頂くことになりました。

その名も
「内田淑佳(うちだよしか)の保育道」
http://hoikucollection.jp/infomation/post/443/



保育者を目指す方に
保育の仕事の素晴らしさ、
楽しさ、
そして
保育を する上で大切にしてほしいこと…
などなど
お伝えしていきます。


待機児童問題から
保育所を増やす政策は
進みだしましたが

保育士不足は
大きな課題となっています。

せっかく建物をつくっても
保育士を採用できず
子どもの受け入れが出来ない…という
現状も
多く見聞きします。


そんな中
保育者を目指してくれている
方々を
めいっぱい!!応援するのが
このサイトです。


日本の未来を担う
子どもたちのために!!



どうぞ宜しくお願いいたします!!


一般社団法人そだち
代表&保育研修講師
内田淑佳(うちだよしか)






一人ひとり、違ってて良い!
こんにちは。保育研修講師 内田淑佳(うちだよしか)です。

年度末に神戸で開催しました
『保育の質を高める研修会』
「発達障害のある(かもしれない児含む)子どもへのサポート」


参加いただいた皆様からの
ご感想を一部ご紹介します。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・発達障害のある、なし、関係なく、一人ひとり違ってて良いことが、よくわかりました。
保育者が子どもたち一人ひとりを理解して、その子どもに合った関わりが出来ていれば、信頼関係が築け、それが子どもの愛着や人への信頼感へと繋がっていくことが わかりました。

・これまでの自分の保育に悩む部分もあり、今の園のやり方しか知らないので、柔軟さに欠けているのではないかと考えるようになりました。
実際に、新年度から担当するクラスに目の合わない、一人の友達に執着する子どもがいるので、今回のお話を保育に活かしていこうと思いました。
そして、子どもの成長していく過程は、障害のあるなし、関係なく、みんな同じで、ただ、脳の障害で難しいことがある、と理解できました。どの子どもにも大切なことは同じであることを再認識できました。
日々の保育や行事に追われて、つい忘れてしまいがちですが、今日のお話を思い出し、子どもに関わっていきたいです。
発達障害の説明が とてもわかりやすく、勉強になりました。

・今までは発達障害の子どもに どう対応すればよいか、ということばかり考えていましたが、その周りの子どもへの対応も大切にしなければならないと再認識しました。
周りの子どもたちの気持ちを育てること、そして子どもが安心して過ごしていけるようにしたいです。

・目が合わない、コミュニケーションがとれない、一度崩れると元に戻るのに すごく時間が かかる等…気になる子どもと どう関わっていけばいいのか、ここ2~3年すごく悩んでいましたが、その原因や理由など、とても分かりやすく教えて頂き、肩の荷が少し軽くなったように思います。ありがとうございました。

・発達障害のある子どもと関わる際に、その子どものことを思って受け止めることの大切さを改めて感じました。そして、そうしようと思いながらも、急がせてしまったり、否定してしまったりと、受け止めきれていない部分も まだ沢山あることに気付きました。
その子どもを含め、クラス全体で成長していく、楽しく過ごしていくために、日々 試行錯誤しながら取り組んでいこうと思いました。

・今日の研修をしっかり園に持ち帰り、一人ひとりの子どもにとって、どんな対応がよいのか、しっかり考えていこうと思います。

・発達障害について、曖昧の知識だったことが しっかり身に付いたように思います。
その子の対応もそうですが、周りの子どもたちにとって、よりよい影響となる環境を作るために、まず自分が優しく、思いやりを持って接していくことが大切だと感じました。
日常の保育の中では、忙しさから子どもにキツくなってしまったり、必要以上に厳しく叱ってしまったりしてしまいます。まず第一に自分が良い保育者であり、見本になるということを、改めて考えさせられました。
新年度は、初めて幼児クラスを持つことになり、漠然とした不安でいっぱいでしたが、みんなが思いやりの心を持って明るいクラスにしたいなと思いました。

・発達障害についての理解が深まりました。
三項関係の重要性をとても感じました。
子どもにとって何が大切か、ということを常に考えて、保育に携わっていきたいと改めて感じさせて頂ける研修でした。
それから、乳児期の保育の大切さを痛感しました。子ども一人ひとりの発達を踏まえ、一人ひとりを大切にする保育を、これからも目指していきたいと思います。

・周りの子どもに、どんな気持ちを持ってほしいか、という視点では あまり考えたことがなかったのですが、このことを考えることで、クラスの子一人ひとりのことを自分自身が よく考え、思うことができるなと感じました。
発達障害の有無に関わらず、ペースが ゆっくりだったり、衝動性や暴力のある子に、みんなに合わせることを要求しがちですが、まずは、ありのままを認めることから始めたいと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


とても素敵な気付きが
沢山ありましたこと
嬉しく思います。


自分がクラスをどうしたいか、
ではなく
子どもたちに
どう育ってほしいのか、

それを考えることで
おのずと答えは出ます。


そして
困った時、悩んだ時は
子どもの育ちを
優先することで
道が見えます。


一生懸命に
考え、ディスカッションした
有意義な時間になりました。


ありがとうございました。


今年度も
『保育の質を高める研修会』
大阪・神戸・宝塚 で開催して参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。



一般社団法人  そだち
代表&保育研修講師
内田 淑佳(うちだよしか)



一般社団法人そだち 特別セミナー
【「いじめ」と「虐待」を考える】
  4月25日(月) 13:30~16:30
  兵庫県民会館
 お申し込み受付中《コチラから》






新年度スタート!
こんにちは。保育研修講師 内田淑佳(うちだよしか)です。


さあ!
新年度がスタートしました!!

平成28年度も
『保育の質を高める研修会』

大阪・神戸・宝塚で開催して参ります。

昨年度受講の皆様から
お寄せ頂きました感想や ご要望により
新しい講座
リニューアル講座を 用意しております!

随時ご案内していきますね!!


そして
『保育士としての自信UP!講座』
こちらは大阪開催です。

(株)プレシャス・マミー
認定コーチの なかしま ゆき先生と
タッグを組んで
平成28年度も 10講座 ご用意しております!

こちらも
募集開始時には改めて
お知らせしますね!!


そして
ベルサンテスタッフ株式会社様の
新設サイト(保育者を目指す学生さん向け)
では
コラム連載を させて頂きます♪
サイトがオープンしたら
またお知らせさせて頂きます!!



そして
この春
リニューアルオープンしました
『ジェネリーノ』のサイト
コチラ↓です♪
http://jene.jp/

『ジェネリーノ』は
女性らしい次世代の働き方を応援し、
時代を革新するコミュニティ

私もメンバーとして
参加させて頂いております。



スタートの春

あなたにとっても
心ウキウキの春となりますよう

新しい子どもたちとの出会い
新しい仲間との出会い

素敵な出会いを
応援しています!



今年度も
どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)!!


一般社団法人 そだち
代表&保育研修講師
内田淑佳(うちだよしか)