一般社団法人そだち☆うちだよしかの日々徒然
遊びをやめさせたくない…
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です!


昨日は、
先月 大阪で開催しました
「ガミガミ先生をやめると子どもは変わる!」を
ぜひ京都でも お願いします!と
仰って頂き、
京都の先生方と お会いしてきました!
主催者さまは、派遣会社さんなのですが、
派遣事業だけでなく、
保育研修などを通して
保育現場が
子どもたち、保護者、働く人
全ての人にとって よりよい環境になるように、と活動されています。


私は、この会社さまの
企業理念に大いに共感し、
保育研修講師として
お手伝いさせて頂いております。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
この国に生きる子どもたちの
豊かな未来を担う一員として、

子どもの育みこそが
私たちの社会的使命だと捉え、

子どもたちをまん中に、
社会の良き一員として、
すべての人の心の育みに積極的に かかわり、

保育業界の発展こそが、
豊かな子どもたちの未来に繋がると信じ、
その発展に寄与すべく、尽力し続けます。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

素敵だと思いませんか?


さて、
京都での「ガミガミ先生をやめると子どもは変わる!」の研修に話を戻します。

実は
前の日曜日に大阪(ドーンセンター、個人主催)
木曜日に宝塚(ソリオホール、個人主催) と、開催しておりまして
土曜日に京都(キャンパスプラザ京都、派遣会社さま主催) と
私にとっては
「ガミガミ先生」週間!みたいな感じでした(笑)

そして、
同じワークをするのですが
参加される先生方から出てくる ご意見は
毎回!!違うのです。

これが
講師としての学びであり
楽しみ!!

こちらこそ
目からウロコ!的な ご意見を聞かせて頂くこともあり
とても勉強になります!!


京都会場では
「クレパスを使ったあと、片付けをせず、ままごと遊びに行ってしまったBちゃん」に対して


「今、集中して遊んでいるのに、その遊びを やめさせたくない…」


という ご意見が…。


なるほど。

その先生が
普段から
子どもの遊びを とても大切に考えていらっしゃることが
伝わってきました!

このように
子どもにとって
今、何が大切か!を
いつも考えられる保育士で
ありたいですね。

さて…
あなたなら…
どうしますか?







スポンサーサイト
I(アイ) メッセージ 使います!
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です。

昨日は
『保育の質を高める研修会』
「ガミガミ先生をやめると子どもは変わる!」でした。


前半は
自己肯定感について
お伝えし、

では、
こんな場面では
どんな言動が
子どもにとって必要か?

後半
グループワークで
考えていきます。


頂いた感想の一部を ご紹介します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・子どもに対する言葉がけは、I(アイ)メッセージや オウム返し、共感の言葉、否定的な表現をしない、など、沢山教えて頂きました。そして抱っこの大切さも。今、0歳児の担任です。たくさん抱っこして、言葉がけは、I(アイ)メッセージで、育てて行きたいと思います。ワークは、考えすぎてしまいましたが、迷わず思いやりのある言葉を使えばいいのですね。ありがとうございました。

・I(アイ)メッセージは、すぐに取り入れてみます。子どもの反応がとても楽しみです。実況中継も新しい学びでした。園内研修で、やりたい内容の講座でした。新人さんからベテランまで、それぞれの気づきが期待できます。ぜひ提案しようと思います。

・今まで よく怒っていたが、子どもたちは無意識なんだと知りビックリした。何回言っても同じことを繰り返すのも納得できた。否定をしない、は、実際どこまで出来るかな…と今はまだわからないけれどスキンシップ、抱っこは出来ます。いっぱいしたいと思います。

・毎日の保育で、自分がどれだけ「思いやり」のある言葉を、かけられているか、とても考えさせられました。子どもたちに「思いやり」のある人になって欲しいなら、たくさん「思いやり」のある言葉を発信していく必要がある、ということを学びました。

・担任を離れて、客観的に見ることが増えた今は、保育士の言葉づかい、言い回しが とても気になります。余裕がなくなると確かに「上から目線」です。明日から「本当かな?」を実践しようと思います。

・とても有意義な時間でした。これからの保育にすぐに役に立つポイントを教えて頂きました。グループでの話しあいも、多くの学びがありました。もっとも基本的かつ忘れてはいけないことを再認識できました。

・いつも とてもわかりやすく、大変勉強になりました。今回 通しで受講させて頂いて、本当によかったです。これで終わりかと思うと、いえいえ、まだ学びたいです。また研修でお会い出来ることを楽しみにしたいと思います。本当にありがとうございました。

・ドキドキする内容の研修でした。反省することばかりでした…。少し考え方を変えるだけで毎日の保育も変えていける、私自身も より良い時間を過ごせると思いました。事例では、子どもたちの姿が浮かんできました!「思いやり」とは、小さなことからでも出来るんだ!と思いました。「アイメッセージ」は、私もとても好きになりました!使います!!

・自分の言葉がけ一つで、子どもとの関わりを、自分で楽しくないものにしていたんだな、と改めて気づかされました。ちょっと考えればわかることなのに…。子どもたちと楽しく過ごせるよう、今日学んだことを、実践しようと思います。

・「子どもたちが変わらない」のではなく、まず「自分がどうあるべきか」をしっかり見つめ直す必要がある、と思います。自分の言葉や考え方を変えると、子どもの姿が変わっていくと思うと、明日からすぐに実践しよう!と思いました。そしてたくさん愛します!この研修を受けて、また一つ、この仕事のやり甲斐をみつけられたような気がします。本当にありがとうございました!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

素晴らしい!!
みなさん
多くの気付きを得られ
この仕事のやり甲斐って
これだよな、と
思って頂けるとは…

嬉しいお言葉
ありがとうございました!!

私にとって
保育士の皆さんの
気付きが
励みです!!

よりよい
保育環境のために…!!



保育研修~ありがとうございました!!
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は、
某保育園さまのスキルアップ(新任保育士)研修。


4月から始まり
計23回の、本日が最終回でした。

保育所保育指針から始まり、
保育の理念、
保育士として大切にすること、
絵本やリトミック、パネルシアターなどの実技…と
楽しく行ってきました。


自分の目標を明確化し、
毎回 自分でスモールステツプの課題
(プチ課題)
を作って、
しっかり現場で試行錯誤してきてくれました。

毎回 新しい気づきを得て
ぐんぐん
スキルアップされた皆さん!


お別れが寂しくて
女子は泣いちゃいましたね…


こんな素敵なお手紙を頂きました♪

201508252121233c0.jpg


先生に出逢えてよかった
研修を受けさせて頂き、感謝しています
はじめは自信がなかったけれど、
何を大切に保育していけばよいか、わかったので
頑張ります!
先生の教えがなければ、変われなかった!けど
私、変わりました!!
先生!大好き!!

という
涙なくしては読めないお手紙で ございました。


私も
皆さんから多くのことを
学ばせて頂いたのですよ!!


素敵な保育士さんたちに
出逢えて
とても幸せに思っています。
私も、みんなのことが
大好き!!


お別れでなく、
また お会いしましょう!

学びに 終りは
ありません!!


次に会える日を
楽しみにしています!!


本当に
ありがとうございました☆




思いやり
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は
『保育士としての自信UP!講座』
「ガミガミ先生をやめると子どもは変わる!」

貴重な休日に
学びに来てくださった
意欲ある先生方、ありがとうございました!!


頂いた感想の一部を ご紹介します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・今までの自分は、子どもに対して「決めつけ」が多かったと感じた。必ず思いやりを持って接したいです。「子どもが好き」という気持ちを決して忘れないでいようと思います。

・「本当に今それをやめさせなければ いけないのか?」という言葉にハッとなりました。大人の都合で やめてもらいたいことが多くなってしまっている。一度考えてから対応するように しようと思いました。子どもに何が必要か、ちゃんと考えて保育していきたいです。

・とても楽しく講座を受けさせて頂きました。新しい学び、気づきが沢山ありました。明日から早速「ほんとかな?」を考えたいと思います。

・言葉のかけ方によって子どもは変わるということがよくわかりました。否定的な言葉かけをせず、子どもの気持ちに寄り添います。

・いけないとは知っていても、ついイライラして感情をぶつけることがあります。その時に「イライラしてごめんね」と伝えたらいいんだ、と知って救われました。また内田先生の講座をうけたいです。

・十分な自己発揮の大切さがよく分かり、それが幼児期、学童期につながる…0歳児の担任なので、しっかり自己発揮できる環境を作っていきたい。思いやりのある言葉を大切にしていこうと思った。

・受講する前は、私はそんなに怒ってないかな、と思っていましたが、講座の中で出てきた言葉に「これ、やってる」「あ、言ってる」と沢山の気づきがあり、反省しました。今日学んだことは、すぐに出来ることばかりでしたので、早速に明日からの保育に活かしたいです。

・とてもわかりやすい お話で、事例をあげてのグループワークでしたので、とても楽しく、色々と考えることができました。

・前回の講座を受けてから、自分の保育が変わってきている!ということが、今日の講座で確認できました!嬉しいです。また次回も楽しみです。

‐頭ではわかっているけど…ばかりです。結局 頭でっかちになって思いやりのない保育になっていたのだと気づきました。子どもの自己肯定感が大切だということが良くわかりました。しかし、自分は?と思うと自信がありませんでした。たった今から!自分のことを大好きと思う気持ちを大切に、自分自身が
変わりたいと思います。※先生から頂いたお葉書、愛と思いやり たっぷりで、心がホッコリしました!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

お申し込みを頂くと、
確認のお葉書を送らせて頂くのですが、
それについて
こんな風に喜んで頂けていたとは!!
私も とても嬉しいです。


沢山の気づきを得られ
すぐに!保育に活かしたい!
と言って頂けることが
私の喜びです!

みなさんの気づきに
私も心を動かされ、
新たな学びとなります。
素晴らしい時間を
ありがとうございました!!

保育研修会
こんにちは!内田淑佳(うちだよしか)です。


先月の
派遣保育士さんのための
研修会
「ガミガミ先生をやめると子どもは変わる!」



こんな素敵な
研修会レポートを作成して頂きました!!

https://hoikucollection.jp/study/img/repo/osaka/23/23sp.jpg


やはり
楽しい保育園にするためには
保育士さんたちが
楽しく仕事をしていなくては!ね!!

子どもたちに

楽しく人と関わる姿、
優しく人と関わる姿、
イキイキと笑顔かがやく姿、を

見せて欲しいと思います!!

承認
こんにちは!!内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は
『保育の質を高める研修会』
「子どもの ほめ方、叱り方~園の保育方針をブランド化~」
おかげさまで、満席でございました!

ほめる、も
叱る、も
「承認」である…というお話。
心理学では
「ストローク」という言い方もしますので

プラスのイメージの日本語である「承認」を
「ストローク」という言い方にして
講座を進めています。


頂いた ご感想の一部を紹介します。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・ストロークには4つの種類があるのだと  わかりやすく教えて頂き、自分が普段どのように子どもに接しているか、深く考える良い機会になりました。普段の自分がしている事が、無条件の肯定的ストロークであったと嬉しく思う部分と、逆に反省することも多々ありました。心を育てるということを意識して保育していきたいと思います。

・前回に引き続き、子どもの心理や関わり方を学ぶ事が出来ました。前回(ガミガミ先生をやめると…)を受講した時と、その後 その研修での学びを活かして保育してきた自分の違いが、感じられました。保護者の方にもアイメッセージのことなど伝え、子どもも変わってきています。今日はアイメッセージについても学びを深めることができ、よかったです。子どもの良いモデルになることが出来るように、保育していきたいと思います。

・保育所保育指針、何年ぶりに開いたでしょうか…確かに、保育に活用していけたら良いな、と思いました。今日は何より認めていくことの大切さ、心が動くことの大切さ、を感じました。毎回、先生の講座で自分が成長していける、と感じます。ありがとうございます。

・ほめる=評価する、ことが確かに多かったので、子どもの存在そのものを認めていく、ということの意味が よくわかりました。子ども自身が自分で考えて動けるように、また、心を動かすこと、なるほどの連続でした。また別の講座も受講したいです。

・やはり「対 人間」というところがポイントだと思います。これまでの研修では、感情で怒らない、つまり、抑えることがよしとされていて、なんかちょっと違うと感じていた私には、先生のお話はとても理解できました。子どもに人間としての姿を見せていくことが、やはり大切だと思います。そこには愛情がいっぱい!必要だと思います。

・ほめる、ということを子どもにとって良いこと、とだけ思っていましたが、「ほめる」ことも「叱る」ことも「承認」であり、何より乳幼児期には無条件の肯定的ストロークが大事だということ、とても勉強になりました。心を動かすこと、私たちは心を育てているんだ、ということ、常に意識して保育していこうと思います。子どもたちの将来の姿を考えながら、今、どんな経験が必要なのかを、ちゃんと考えられる保育士になりたいです。

・また今回も色々と考えさせられました…。先生のお話は胸に響きます。頭ではわかっていても実践出来ていないことが沢山あります。子どもたちの心に響く関わりを心掛けていきます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

前回の講座で学んだことが、とても役にたっています、
また先生のお話が聞きたいです、
など

嬉しいお話を聞かせて頂き、私もとても
励まされています。

ありがとうございます。

意欲ある先生方との出会いは
私の宝物です。

今後とも
どうぞよろしくお願いいたします!!(*^^*)

「食べる」ことを「楽しむ」
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は
某保育園さまのスキルアップ(新任保育士)研修でした。

テーマは「食育」


頂いた ご感想の一部を ご紹介します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・沢山の実例(クッキングやバイキングなど)をスライドで見せて頂いて、とても楽しそうだな、と思いました。食育の基本が「食べることを楽しむ」とわかった今、自分のクラスで明日から出来ることは何か、考えてみました。バルコニーに使っていないスペースがあるので、何かできないか、園に帰って先輩に相談してみます。

・色々と、難しく考え過ぎていたな、と思いました。クッキングは危険も伴うし…と思っていましたが、実例を見せて頂いて、こんなにも出来るんだ!と思いました。出来ることから工夫してみます。

・食事を楽しむことから、始めたいと思います。毎日、子どもたちと一緒に給食を食べているので、その時間が楽しくなるよう、また食材や調理法に興味がもてるよう、話題にするところから、早速に取り組みます。

・乳児から大切ということが良くわかりました。それなのに、食べさせることに必死で、あまり楽しめていなかった、と反省しました。乳児クラスの担任だからこそ、子ども一人ひとりの、食事に対する意欲を大切にしていかなくては、と思いました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


いつもながら
とてもよい気づきを得てくださいました!

「食育」についての座学も、
これまで保育所保育指針を
みっちり やって来ただけあって
スルスルと名言を出してくれました!!

私も気持ちよく
お伝えすることが出来ました。


しっかりとした
保育の理念が入った みなさん!

この研修も
残すところ
あと2回となりました。

なんか ちょっと寂しい…
ですが

あと2回、
大事なことを、
心を込めて
お伝えしますね!!

お盆の土曜日
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です。

暑い毎日が続いていますね…
熱中症など
体調には くれぐれも お気をつけくださいね!

さて、
毎年やってきます
お盆の期間も
終戦記念日と共に 終わりが近づきました…。

今年は
15日が土曜日で16日が日曜日ということで
今日は
保育園に登園された お子さんは
少なかったかなーと…

午前中 出掛けたのですが
私の家から すぐの所にある
保育園の前を通ったので
ふと
今日は何人 来てるのかな~っと
思いました。

でも、登園されている
お子さんがいる
=仕事のママ・パパがいる!


最近は
子育て家庭であっても
就労形態も様々となり

土曜保育の需要も
年々 増加しています。

盆も正月も関係なく
お仕事されている方も多く、

そういった働く方々によって
世の中は支えられています。

私たちも
社会に貢献する一人として

カレンダーでは休日でも
働く方への感謝や、
互いを励ます気持ちを
伝え合いながら、
保育現場を支えていきましょう!!


今日も お仕事の
先生&パパ・ママ
お疲れさまでした!!



京都にて…保育研修会
こんにちは!!内田淑佳(うちだよしか)です。

おかげさまで
私の研修に参加してくださった方、
主催してくださった方、から
ぜひ もう一度!と
ご依頼を頂けるように なりました。

http://hoikucollection.jp/study/content-kyoto.php

↑こちらは
京都での研修会☆
大阪での研修をぜひ京都でも、と
ご依頼 頂きました!!


『保育の質を高める研修会』も
うちの園に来て、研修してください!
ということで、お話を頂き、
保育園さまの ご都合に合わせて
お伺いします!!

また、
こんな研修して欲しい…という
ご相談にも のっていきます(*^^*)


保育の現場
子どもたちの環境が

より良いものになりますよう

ガンバっていきますよー♪



保育所保育指針の研修
こんにちは!!内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は、『保育の質を高める研修会』
「保育所保育指針の活用法~保育計画~」
でした。


保育所保育指針の研修って
なかなか ないですよね…と
言って頂きました。

そうですよね!
保育所保育指針、とても優れた保育のバイブルなのに!!

そう言って頂けると
嬉しくて!
もっと やらなくっちゃなーと!
思いました!!



今日は
病院内の事業所内保育所の先生が参加してくださいました。

こんな ご感想を頂きました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・私の保育所では、月案、週案というものではなく、子ども一人ずつ個別に、月毎に ねらいと目標、保育士の援助や反省を書いています。書き方に特に決まりもなく、チェックしてくださる人もいないので、これでいいのか…と思い今回この研修に参加させて頂きました。保育の基本的な部分を再確認でき、保育計画というものもよくわかりました。今後に活かしていきたいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

事業所内保育所で、異年齢で保育されている先生に
保育の原点について考えることが出来て
よかった、と言って頂けて
大変 嬉しいです。

他にも 頂きました ご感想の一部を ご紹介します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・「保育所保育指針を熟読して、勉強しましょう」と、職員に言っていたものの、使い方まで指導していなかったな、と反省しました。今日はとても勉強になりました。園に戻って早速に取り入れていきます。(主任)

・保育所保育指針と保育計画の関係に、改めて気付くことが出来ました。計画って、難しいですね。もう少し「難しい」の「何が」難しいのか、わかるところまでワークに取り組む時間が欲しかったです…。また勉強させてください。(園長)

・保育所保育指針の重要性の認識や、活用していなかったことを改めて恥ずかしく思いました。保育をするうえで必要だと再確認できたので、早速 活用します。特に、保育計画の所で「ねらい」と「内容」を、子どもの発達に合わせて計画をたてる、という基本的なことを忘れがちになっていたので、見返すようにします。(副主任)

・保育指針の研修は初めてでした。とても大切なのだと気づかされました。私自身も日頃から読むことを大事にしてこなかったので、今後は指針に沿って ねらいを明確に立てていけるよう、見直しをしたいと思いました。週案の(様式の)見直しも視野に入れて、考えていきたいと思います。(主任)

・少人数の研修で質問もしやすく、講義もわかりやすかったです。「ねらい」の大切さや実践に活かす為のアイディア、また、他園の先生のお話もきけて、とても良かったです。今回は園から来させて頂いていて、1コマだけの受講だったのですが、個人的に、全コース受けたかったです。次回の開催があれば教えてください。(主任)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

週案のココが書きにくいのですが…という
具体的な質問を持参されての受講の先生が おられました。

書きにくいのなら
書きやすくする、のは如何ですか?と
提案させて頂きました。

何故、保育計画を書くのか…
保育の目標を達成するため、ですよね。

この様式で書かなくてはならない、と
枠にとらわれていませんか?

様式の見直しをすることで、
業務の効率を上げて、
もちろん保育の質も上がる…。

ぜひ、保育所保育指針を活用してください。

ぜひ、また お会いしましょう!!(*^^*)