一般社団法人そだち☆うちだよしかの日々徒然
食を営む力
こんにちは!!ブログにお越しいただき ありがとうございます!!内田淑佳(うちだよしか)です。

さて、本日は
「食育」の お話…。

平成17年に食育基本法が施行され
その前文において
次のように謳われています。

子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、
生きる力を身につけていくためには、
何よりも「食」が重要である。


そして
保育所保育指針では、
「食育の推進」と題して

保育所における食育は、
健康な生活の基本としての「食を営む力」の育成に向け、
その基礎を培うことを目標とする、

とあります。


「食を営む力」って…
なんでしょうか…。

もちろん色々あると思うのですが
具体的に考えてみたとき、気付いたのは

料理って、
人間しかしないよね。
ということ。


以前、このブログで
食事をコミュニケーションの場面にするのは
人間だけ、ということを
書いています。

食事の内容やリズムだけでなく、
食事のとりかた、にも
人間性を育む重要な要素があるんだ、ということ。

そして
食事の場面には、
食材を料理する、という
人間ならではの
知恵と工夫が存在します。

料理とは…
食材を、より美味しく食べる工夫。
食材を、長持ちさせる工夫。
色々な食材を、食べられるようにする工夫。
→生では食べられないものが加熱により安全に食べられる。


私たち人間が
知恵を使い、様々な工夫をすることが
「食を営む力」の要素でもあるわけです。


子どもたちには
その基礎となる
食に対する興味や意欲を
引き出す環境を作りましょう。


さて、そして
料理だけが「食の営み」ではありません。
あなたも一度
「食を営む力」って、なに?
と、考えてみてください。







スポンサーサイト
私達の姿
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は
『保育の質を高める研修会』でした!
テーマは「人材育成…園内研修のススメ」

園長、主任、園長、園長、副園長、主任…
という顔ぶれでございました~

議論白熱!!
こんな感じです↓
201506291945303cf.jpg


頂いた感想の一部を ご紹介します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・園内研修のやり方、自己評価のやり方など、参考になりました。「よい人材」は、実は、子ども達をこんな風に育てたいんだ、ということと重なる…なるほど!その通りですね。そして私達が その姿になろうとしていくことが、方法なんだな、と実感しました。人材を大切に育てたいと思います。(園長)

・少人数のため、自分の意見も聞いて頂けたり、諸先生方のすごく勉強になる意見もお伺いできて、とても有意義な研修会でした。主任という立場として、若い先生たちに楽しい保育生活をおくってもらい、質の高い保育を目指します。そして、私自身も今まで以上に楽しみたいです。心理の勉強もしたいです!(主任)

・人材育成…得意なことを伸ばす、認める、常に向上心や意欲を引き出す、自分が変わらないと相手も変わらないことを知る…
大変わかりやすかったです。勉強になりました。次回も楽しみです。(園長)

・こうなって欲しい、という人材に、私もなれるよう頑張ろうと思います。(主任)

・本質をついた研修で、大変ヒントになりました。様々なhow-toは世に散見されますので、内田先生に教えて頂いた「本質」にブレない園運営に務めます。(副園長)

・育ち合う、ということをもっと意識したいと思う。園内研修の具体的な取り組み例など とても参考になったので、是非取り入れたい。客観的に分析したり、何が問題なのか、ということを日々の中で もう少し意識しないといけない、ということに気付いた。(園長)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

それぞれの園の現状などの
情報のシェアが
大変盛り上がりました!
今回は
採用面接のやり方…など
管理職ならではの話題が出て、
みなさん、メモメモ…。

最後は
やはり人材不足…
保育士が足りていない…という
共通の悩みに…。

私も
潜在保育士さんの復職支援で
援護射撃していきます!
そして、
養成学校へのアプローチも始めます!

本日は、貴重なご意見や情報
本当に ありがとうございました!!
まちの子育てひろば
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は
『まちの子育てひろば』へ行ってまいりました☆


『まちの子育てひろば』とは…
赤ちゃんから小学校にあがる前までの
(主に未就園児さんの)
子育て中のママたちの 交流、そして
情報共有の場として
いろんな所で
集まる場所=コミュニティ
が作られています。
現在、兵庫県下に 約2000か所!!

私は
登録アドバイザーとして
お声が かかると「ひろば」におじゃまして
ママたちと交流いたします♪




本日のメニュー♪
ご依頼は「親子体操」

・絵本「ももんちゃん ぽっぽー」
・サンサン体操
・だいすきっちゅ
・ふれあい遊び…お座りやっせ、 ぞうきん
・わらべうた…お馬さんのおけいこ、ももや
・さんぽ
・アンパンマンのマーチ
・手遊び…おとうさんゆび どこでしょ
・かえるのがっしょう
・布遊び…おばけどこだ、ひよこ、ジャンプジャンプ、アンパンマンのおうち、ちょうちょう
・パネルシアター「5つのメロンパン」


これで1時間です☆

ママたちにも
たっぷり身体を動かしてもらって
いい汗かきました!!


明るいママさんばかりの
とっても仲よしのサークルさんでした!
だから
子どもさんたちも みんな
にっこにこ♪

スタッフさんも
とても丁寧に対応してくださり
感謝です。


どこの「ひろば」へ行っても
みなさん
大歓迎!してくださるので
私も とても楽しく活動させて頂いております!!




まず「認める」
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は、
『保育の質を高める研修会』でした。
テーマは
「ガミガミ先生をやめると子どもは変わる!」

本当に
こちらの態度、言葉がけで
みるみる子どもが変わるのです。

キーワードは「認める」


そうです。
子どもの自己肯定感を育むには
「十分な自己の発揮と他者による受容」


頂いた感想の一部を紹介します!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・2歳児担任なのに、毎日本当にガミガミ言ってしまっています…。今回、お話を聞き、改めて反省することが沢山ありました。最近は禁止用語を出さずに声かけしようと努力していましたが、よくよく考えれば、ウソをついてしまっている。子どもにはウソはダメと言っているのに…。その事に気付きました。明日からの保育では、まず認めて、共感しながらスキンシップ、コミュニケーションをとっていきたいです。楽しいお話、貴重な時間を、ありがとうございました。

・淑佳先生の話を聞き、心に余裕が生まれました。ダメだとは思いながらも上手くいかないことが多く、今日でてきた「使ってはいけない言葉」を使っていたと気付き、反省しました。まず認め、私の思いを伝える時は I(アイ)メッセージで伝えていきたいです。今日の学びを園にも伝えます。

・私はガミガミ先生ではない、と思っていました。でも、気付かないうちに、命令し、否定していたんだ!と、この講座を受けて、すごく、気付かされました。反省するばかりです。同じ講座を(当園の他の保育士)何人か(別日で)受講させて頂きます。とても保育の見直しになると思います。宜しくお願いします。

・年長児であっても、生まれてまだ5年しか生きていない…そうだ、まだ小さい子に、今、何が必要なのか。大人には多くのプレッシャーがあるが、何が今 一番大切なのか、を忘れずに、常にそのことを意識して保育できるようにします。

・教科書で学んだはずのことも、日々の保育では忘れてしまっていることに気付かされました。一番印象に残ったのは、子ども同士のトラブル…「解決しなくちゃいけないの?」と言われたことです。大人が解決するのではなく、子ども自身が将来解決する力を身につける…。「仲直り」が目的になっていた保育に反省しました。子どもの「心が動く」保育を意識していきたいです。内田先生のお話をもっと聞きたいです。

・子どもに思いやりのある子になってほしいという願いがあるのに、自分は……。大人の行動や言葉の使い方が伴っていなかったことに気付きました。将来 優しい人になってほしいから、私は 子どもに優しい先生になります!他園の先生方のお話もきけて、とても良い経験になりました。ありがとうございました!

・名言がいっぱいでした。子どもの気持ちを一番に考え、気持ちに寄り添い、これからも保育を楽しんで行きたいと思います。園にも、伝えていきます。他の職員にも、心に届く伝え方ができそうです。一人ひとりの子どもを大切に預からなくては…と感じました。責任のある仕事ですね。そして、発言を全て「認めて」もらえたことで、私の気持ちもスッキリしました!ありがとうございました!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

目の前の子どもの
一見すると「問題行動」と捉えがちなことを
一つ一つ分析していく
そのやり方を お伝えしています。
みなさん、すでに
自分の中に答えを持っておられます。
そして多くの気付きを得てくださいます。

子どもも、自分で気付くこと、が
大切です。

自分で気付いたことには
自信が持てますから!



目からウロコ!な運動会・発表会の取り組み方
こんにちは!
内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は
『保育士としての自信UP!講座』
「目からウロコ!な運動会・発表会の取り組み方」
ということで、
5歳児の担任になった、どうしよう?
発表会の担当になった、どうしよう?
2歳児までの園ですが、保護者は期待している、どうしよう?
という先生方が
たくさん参加してくださいました。

頂いた感想の一部を紹介します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・行事だからこそ、子どもが主体で、子どものための発表ということを忘れずに、目標に向けて取り組みたいと思いました。担当している発表会は2月ですが、日々の保育の中から発表できるよう、子どもと遊びながら考えていきます。今回も為になる研修を ありがとうございました。

・改めて行事のあり方、目的などを再確認することが出来る、いい機会になってよかった。「成功させること」を主に考えがちになってしまっているが、大切なのは評価や結果ではなく、過程、子どもたちの姿や心の動きだということを改めて理解しました。一人一人が意欲的に取り組めるようにしたい。

・運動会、発表会などに取り組むにあたって、子どもに必要なこと、行事の意味などの深い部分がわかりました。今後の保育に活かしていきたいです。

・子どもが「やってみよう!」と心を動かせるように、保育していきたいと思いました。先生が楽しむことも大切だと感じました。

・初めて年長の担任となり、不安50楽しみ50 といった心境でしたが、今回の研修に参加して、先が見えました!年長クラスとしてのプレッシャーも正直ありましたが、それは私の勝手な感情だと気づき、ハッとしました。一番大事な「子ども」を後回しに考えていた部分があったと思います。もう一度考え直し、子どもたちと一緒に成長していけるように取り組みたいです。

・行事は日頃の保育の延長として発表する…ある意味、間違ってなかったんだと思えましたので、日々の保育を充実させることに力を入れます!

・行事は成長のためのステップとして行っていくことが大切だと感じました。今後も沢山の行事がありますが、ねらいをふまえて、子ども一人ひとりがより良く育っていけるようにしたいです。色々な園のお話が聞けたことも面白かったです。

・子どものため、普段の保育を発表する、わかっていたのですが深く考えすぎて深みにはまる感じでいました。今日のお話を聞いてスッキリしました!

・子どもたちの好きなことを運動会で…と思っていても、実際は「去年は…」とか「こうしたほうが…」とか考えていた部分が、講座を受けて「どんなことを大切にしたいのか」保育を見直すことが出来ました。子どもの個性を大切に、行事に取り組みたいです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

みなさん、それぞれの気付きを得てくださいました!

目からウロコ!
というタイトルですが
実は、みなさん、
自分の中にすでに持っていらっしゃる…
それに気付いたら、
次は実際に行動するのみ!

ぜひ是非ゼヒ!
子どもの育ちを大切に
行事に取り組んでください。

子どもたちは
行事から
沢山のことを
得て、成長していくことでしょう。


保育の目標
こんにちは!
ブログにお越し頂き ありがとうございます!内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は
某保育園さまのスキルアップ(新任保育士)研修でした。
内容は
「保護者への支援と地域の子育て支援」

みなさん
改めて保護者の個性も大切にすること、
保護者と一緒に
チームになって
子どもを育てていくこと、など
感じて頂けたようで
口々に
「そこまで考えていなかった…
   そこまで考えられる保育士になりたい!」
と感想と決意を述べてくれました!!


今日は、
研修全体をみたとき、
中盤を越えましたので、

最初にも
立てて頂きましたが
これまで勉強してきて、
今の自分として
改めて
自分の「保育の目標」を
立ててもらいました。


それぞれ
これまで学んだことを
自分のものとして取り込み、
子どもの育ちを一番に考えた
目標を発表してくれました。


それぞれの個性も出しつつ、
本当に
この研修で私が伝えたいことを
しっかり受け止めてくれている!
と感じることができました。

素晴らしい目標を立ててくださり、
私にとっては
何よりも励みとなる
応援メッセージにもなりました。

嬉しいです!!


こうやって
皆で学び合い、成長していける喜びを
共有できること、
感謝いたします!!


それぞれ
目標に向かって頑張れ!!
子どもたちの未来のために…!!



保護者の気持ち
こんにちは。内田淑佳(うちだよしか)です!

本日は、
『保育士としての自信UP!講座』
日曜日版の1回目
保護者対応いろは①
~クレームへの対応~

実際に どんなクレームがあったか
何に困っているか
それぞれ出して頂きながら
事例検討も含め
学んでいきました。

頂いた感想の一部を ご紹介します。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・保護者さんからの訴えをクレームと ひとくくりに考えてしまっていた様に思いました。クレームでなく、要望、質問、疑問と分けて考えると、クレームとガティブに考える事なく向き合えると思いました。

・まずは相手の思いを受け止め、対応していく大切さを学び、実践にいかしていけたらと思いました。

・共感できなくても、受け止めるだけでも大丈夫なんだと思うと、明日からの保育が少し変わっていけそうな気がしました。

・保護者対応は、多くて大変なイメージがあったのですが「事実と気持ちを切り離す、気持ちにとことん寄りそう、そして勉強できた!と感謝する」保育に活かしていきたいです。

・息子の前の保育園が0~2歳の30人くらいの小さな園で、先生みんなと信頼関係が出来ていたので、共通の目的に向かって園生活を楽しめました。相談を今でもしにいきます。「共通の目的」の大切さを、また気付くことが出来ました。子どもを真ん中に、お母さん方と楽しく育てていきたいです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

園を離れても相談に行く…
素晴らしい園ですね。
こんな保育園ばかりになると
素敵だなー

みんなで子どもを育てていく意識を
もっともっと
伝えていきたいと
改めて思いました。

ありがとうございました!!






安全管理
こんにちは!!
内田淑佳です。

本日は、某保育園さまのスキルアップ(新任保育士)研修でした。

今回のテーマは「安全管理」。

保育所保育指針も読みながら、
実際に
園の中、外
安全点検をしていく箇所を
あげていきました。

そして
事故が起きてしまったら、
何が一番大切か!
再発予防策を 具体的にたて、
実施することです!!


頂いた感想の一部を ご紹介します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・実際に、安全点検をする箇所をあげていくと、具体的なイメージが持てました。日々気を付けて予防に心掛けます。

・事例として取り上げて頂いた事故は、私も「危ないな」と思っていた場所だったのに、それを発信できていなかったと気づきました。また、事故が起きてから、今まで改善しようとしていなかったです…。園に帰ったらすぐ改善します!

・園の近くにある病院…1つしか思い浮かばなかったです…。意識して 子どもの かかりつけ医や地域の病院を知っていくようにします。

・実際に、自分が事故の記録を書いた事例を取り上げて頂いて、みんなで色々考えて、改めて振り返ることが出来、とても勉強になりました。なんでも振り返りが大切なんだと思いました。

・子ども一人ひとりの既往症や、かかりつけの病院など、知っておく必要があると改めて感じました。頭に入っていなかったし、意識出来ていなかったです。早速 確認します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今日も それぞれ
素晴らしい気付きを得られたと思います。
嬉しいかぎりです。

次回は
いよいよ「保護者対応」です。

かんたん食育!
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は
『保育の質を高める研修会』
テーマは
「かんたん食育!~子どもの育ちを応援~」です。

子ども自身の 生きる力 を 育むうえで
「食育」は どんな意味があるの?
なにをもって「食育」というの?
具体的に、何をしたら いいの?

この、食育の本質をとらえれば、
決して難しいことを しないといけないわけでは ありません。
だって、
生活の中に あるからこそ
意味が あるのですから。


本日は、
園長先生をはじめ、保育士さんはもちろん、
栄養士さん、調理師さんも ご参加くださり、
色々な角度からの 情報交換ができました。

とっても有意義な時間となりました!


頂いた感想の一部を ご紹介します。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・内田先生ご自身が楽しんでおられるクッキングのスライドを見せて頂き、ぜひ真似してみようと思いました。
「食育基本法」…何回も目にして、わかっているつもりでした。でも、もう一度深く考えて、日々の仕事に取り入れてみようと思いました。(栄養士)

・「食育」と言っても、わかっているようで、わかりきっていませんでした。実際のクッキング(子ども)の様子を見せて頂き、包丁=危険、加熱=危険、ばかり気にしていましたが、危険に気づくのは子ども自身、経験からなのだと、すごく伝わってきました。
すごく勉強になりました。(副園長)

・食育の意味が わかりやすくて良かったです。クッキングの大切さを感じたので、計画をたてて行って行きたいと思いました。色々な園の話が聞けたことで、自分の園ではどのようにしていけば良いか、考えて行きたいと思います。
この研修を通して、保育の大切なことも学べたし、気付けたし、改めて感えさせられました。(保育士)

・「食育」について、自分の中に偏りがあったことに気づきました。今日の研修で随分と幅広く感じとることができました。
子どもたちとの触れあいを大切にしたいと思いながら、時間に追われてしまい…というのは言い訳だと。もっともっと積極的に関わって行きたいです。
「生きる力」「食を営む力」という意味を しっかり受け止め、大切な仕事を任されているのだ、と思い、日々頑張っていきたいと改めて感じました。
とても楽しい研修を ありがとうございました。(調理師)

・他の園の現状や様子を聞けて、すごく参考になりました。園に持ち帰って伝えたいと思います。また、クッキングの映像も すごく参考になりました。0歳からのクッキング!取り入れることが出来るよう、園に伝えたいと思います。
禁止、命令はしない!これを心の中で いつも思い、保育したいと思います。
すごく勉強になった研修会でした。ありがとうございました!(保育士)

・食育とは…今まで難しく考え過ぎていたな、と感じた。また、今までの園のやり方(衛生面等)に気をとられていた様に感じる。子どもの育ちのために、という視点をもっと大切にしよう。今までも色々やって来たのだが、何か足りないと感じていたことが、これだったのか!と感じた。
工夫すれば衛生面の問題もクリア出来る、また、子どもにも衛生について考えてもらうことが大切、とわかり、やれる事がいっぱいある!とワクワクしてきました。(園長)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

みなさんの園の お話、私も とても参考になりました。
ありがとうございました!!

今回、厨房の方に来て頂けたことが
とても嬉しかったです。

次回も楽しみです!!

♪時計のうた
こんにちは!!
内田淑佳(うちだよしか)です。

6月の季節のうた
といえば
♪あめ
♪かえるの がっしょう
♪かたつむり
♪雨ふり くまのこ
など、雨の季節…に因んだ歌が多いですが

6月10日の 「時の記念日」に因んだ
♪時計のうた
も可愛い歌ですよね。
子どもたちも 大好きですね。

コチコチ カッチン
という リズムカルな言葉とか
二番の歌詞には
ピョコリ~ なんていう表現も出てきます。

実際の時計をイメージすることで
時計や時間について
意識する きっかけになりますね。

「長い針が 5 まで!」

私たちは日常生活でも
ついつい職業病(?)で 使ってしまいます(笑)
研修講師をしていても
5分くらいで書いてもらおかな、というワークをする時に
大人相手にも 出てしまい、
クスっと なります。

私は
長い針の動きが
時間を目で見て把握できるので わかりやすいです。

デジタル時計では
計算をしないといけないので…(笑)

ところが
保育園でも
デジタル時計を使っている園さんがあるようで…

「長い針が 5!」も
♪おとな の はり と~   も
ないんだなー…

まあ
たしかに
時間のデジタル表記…
多いですよね。世の中…。

時間の感覚を養うのには
針の回る時計の方が…とは思いつつ、
デジタル表記から入ることで
その表示でも わかるように育つのかな…とも
思いました。

「25分までね!」
と言われて時計を見ます→今20分です
→5分後だな!

数字の感覚は 養えますね。


んーでも
私は やっぱり
この5分が 長い針の動きで見える 時計の方が…
好きだなぁ…