一般社団法人そだち☆うちだよしかの日々徒然
挨拶と返事
人が
人として
社会で生きていくために
挨拶と返事!
は、もっとも基本的なヒューマンスキルですよね。

だからこそ
乳幼児期にしっかりと身につけたいものです。

この時期に身についた習慣は
その人間の「あたりまえ」になりますから
よい習慣をより多く身につけられると
その先の人生が豊かで楽しくなります。

「挨拶しない」「返事をしない」が「あたりまえ」になってしまうと
後に(世の中に出てから)
「あたりまえ」の「書き換え」をしないといけませんので
その人はたくさんの努力をしなくてはなりません。

では、
挨拶と返事は
子どもたちに どのように教えますか?

「挨拶しましょう」
「返事をしなさい」
と何回も言ってきかせても
大人が挨拶や返事をしていない…では
身につきませんよね。

部下には「挨拶しろ」と言いながら
上司が出来ていないでは
その職場に「挨拶」が定着しないのと同じです。

さすがに
挨拶の出来ない保育士さんには
めったにお会いしませんが、
返事というのは
環境によって
出来ていない場面がありますね…

名前を呼ばれたら返事をする…
当たり前のことですが
私が園長になったばかりのころ
行事の打合せをしていて
おかしいな…と思った場面があります。

司会は○○先生、ピアノは××先生…
と担当者が行事計画書を読み上げていくのですが
○○先生も××先生も返事をしないのです…

あれ?
聞こえたよね?

私は計画書を読み上げる先生を止め、
言いました。

「ちょっと待って!」
「名前呼ばれたら返事しようよ、子どもたちに そう教えてるよね?」


その後、保育をのぞきに行って
発見してしまいました。

先生「○○グループさん とりにきてください」
子どもたち…無言で動く…
なのに そのまま活動は続く…

返事の出来ない先生は
子どもたちに返事をさせることも下手でした…

はじめに「習慣」と書きました。

お名前よび(出欠確認)の場面では「返事」を要求するのに
日常生活では「返事」をしなくても過ぎていく…
このような生活では
改まって名前を呼ばれる場面では「返事」ができても
肝心な「コミュニケーション」の場面で「返事」をする「習慣」がない…
これでは単に「名前を呼ばれる」→「はい。と言う」
という図式が形成されるだけです。

「返事」というのは
相手からの発信に対して「届きました。受け取りました」という
こちらからの返信です。

受け取る→投げ返す=コミュニケーション

そうです。
「返事」は
あらゆるコミュニケーションの
はじめのいっぽ
なのです。


保育士は
自分が返事をすること!はもちろん
子どもたちが
ちゃんと返事が出来るように声をかけ
返事が出来るように場面を作る。

返事がこなかったら、来ていないことを伝え
返事が出来るように場面を作る。

いつも!
「返事」が出来るように環境を作ることが仕事です。

注意:「返事をしなさい!!」ではないですよ。
怒られるから、言われるから返事をするのではなく
返事がこないと
メッセージが届いたかどうか
こちらにはわからないんだよ、ということを
伝えることがポイントです。
そして それでは
コミュニケーションが始まらないということを…


ちなみに
その後、誰からも「挨拶」と「返事」を誉められる
(子どもたち も 保育士も)
保育園になりましたよ!
意識一つで変わっていくものです!!

スポンサーサイト
潜在保育士復職支援
大阪府の女性のMiraiプロジェクト
潜在保育士復職支援もとうとう最終訓練となりました。
研修を受講された皆さん、とてもいいお顔で
これからのご活躍に大いに期待!です!!

2日間の研修から
頂いた感想をご紹介します!(^^)!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
・子どもを取り巻く環境がいかに大切か、子ども主体にするために私たちがどう関わるべきかということがよくわかりました。以前、発達障害のお子さんを担当した時、毎日ずっと悩みました。今後もし関わることがあれば、いろいろと聞いてサポートしたいと思えました。
・保育からずっと遠ざかっていて、久しぶりに色々なお話を聞かせて頂きありがとうございます。
 手遊び等も、知らないものもありましたので勉強になりました。
・分かりやすかったです。先生の体験談が良かったです。
・とても勉強になりました。新しい気持ちで仕事をしたいと思うようになりました。ありがとうございました。
・やはり、発達心理学かな。今まで文章を追って考えたことがなかったけど、確かに文字を写しながら子どもたちの顔が浮かんできました。
・認定こども園の事、保育所と幼稚園がどの方向に進んでいくか等、最新の情報を聞けた。通信教育で勉強したので一通り読んでいますが、講義して頂いてイメージが湧き、よくわかりました。
・とても分かり易く教えて頂きました。忘れていたことや疑問に思っていたこと(個人情報とプライバシーの違いなど)が、とても勉強になりました。
・保育について、いろいろと教えていただくことで理解が深まりましたし、20数年前に勉強し忘れていたことを思い出したり、実技ではすぐに使え、役立つふれあい遊びを教えて頂けました。今より少し前進して、これからの活動につなげていけそうです。
・短い時間でしたが、保育だけでなく日常の生活にも役立つと感じました。
・ブランクがある分、保育のことに関して自信がなくなっていた所があったので、今回受講して学ぶことにより自信ができ、これからの活動を頑張っていきたいと思いました。
・保育の方法、やり方など、受け止めるという言葉をよく使っていること。その言葉の意味はよくわかります。日々の中で、分かっていて実行することもあります。でも自分のイメージがあり、それがおしつけということも少し分かりました。
・触れ合い遊びは知らないものも多く、ためになりました。子どもへの声掛け(今、必ず解決しなくてはならないのか?)と立ち止まる事が大事という考えが目からウロコでした。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

私自身、研修の度にみなさんと一緒にまた考え、気付きもあります。
今年度のプロジェクト活動はこの2月で一旦終了、となりますが
たくさんの意欲ある保育士さんに出逢えましたこと、
感謝いたしております。
みなさま、これからも、一緒に子どもたちの育ちを応援していきましょうね!!
ありがとうございました!!