一般社団法人そだち☆うちだよしかの日々徒然
まずは「認める」ことから始める。

こんにちは。

子どもの育ちを応援します!

一般社団法人そだち  代表の 内田淑佳(うちだよしか)です。


 


 


この夏に、ご依頼を頂きました


研修で


受講者様からフィードバック頂きました


気付きを


 


ご紹介します。


 


今日は


大阪府社会福祉協議会 様 主催


保育士・保育教諭スキルアップ研修


中堅コース


 


対象は


4年目から8年目くらい


 


各園で「中堅」と呼ばれるポジションで


ご活躍の先生方。


 


内容は


チームワークとリーダーシップ


中堅職員としての役割について。


 


 



 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 


「認める」ということは、相手を受け容れることで、相手は「大切にされている」ことを実感できる。チームワークをつくっていくのにも、コミュニケーションをとるにも、まずは相手(仲間)を認めることから、の必要性を感じました。

自分が認められることによって「自己肯定感」が得られ、相手への思いやりの心が築かれていくのだと思う。子どもも大人も同じで、人は人に認められて成長していくものなんだと感じました。

保育者として、子どもたちのありのままの気持ちを受け容れていきたいと強く思いました。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

まずは「認める」から始める。

 

「受けいれる」ことを

    受け「容れる」 と

 

書いていらっしゃるのは

「受容」という言葉を お伝えしたからです。

 

 

「受容」とは、「受け容れる」こと。

「ありのままを認める」ことです。

 

 

私は

カウンセリングの勉強に行って

この「受容」という言葉が

とても気に入りましたの。

 

 

カウンセリングを学ぶと

この「受容」を

まず初めに習います。

 

 

「ありのままを認める」

=評価をしない。

=自分の価値観で見ない。

 

 

「受容」の「受け容れる」とは

 

「わかります」でも

「私もそう思います」でもなく

 

「あなたは そう感じたのですね」

 

 

つまり、

自分が どう思うか、

自分だったら どうするか、

自分の価値観では どうなのか、

 

それを全部

一旦 横に おいといて!

 

「あなたは そう感じたのですね」

 

「あなたは そうしたかったのですね」

「あなたは それが 好きなのですね」

「あなたは 今、それが必要だと思うのですね」

 

 

ありのままを「認める」のです。

 

 

自分の価値観で 見ずに

 

まずは「認める」ことから始める。

 

 

そうすることで

相手からも

「私」を認めてもらえるのです。

 

 

 


 







一般社団法人そだち

代表&心理・保育研修講師

内田淑佳(うちだよしか)





子育てを応援する心理学の講座や

イベントなどの ご案内を配信します!

友だち追加

クリックしてゼヒご登録ください♪

↑LINE お友だちは

メッセージでカンタン!に

イベント参加 申し込み

お問い合わせ等して頂けます♪







facebookページはコチラ☆

↑いいね!して頂けると喜びます♪







メンタルマネジメント講座

1名様~5名様まで同一料金で受講できます!

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/12265











メール相談★初回 1往復 無料★

コチラ↓から

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/12265







メルマガ【Enjoy! 保育!したいよね?!】

ご案内・ご登録はコチラ↓から【無料】

http://www.reservestock.jp/subscribe/52043







研修のご案内・お申し込みはコチラ↓から

http://ccyuccyu.web.fc2.com







個人セッション★グループセッション★

ご案内・ご予約はコチラ↓から

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/12265



スポンサーサイト
↑↓守って欲しい…
こんにちは。
子どもの育ちを応援します!
一般社団法人そだち  代表の 内田淑佳(うちだよしか)です。



保育園の園長先生をしていた時は
ほぼ自家用車での移動でしたが

講師の仕事では
電車で大阪、神戸へ移動することが
ほとんどになりました。

最初は ちょっと苦痛だった
電車移動も
やれば慣れるものですね!!(笑)


さて、電車を利用するようになって
目につくのが
皆さんのマナーです。


すごく気持ちのよい方も
沢山
いらっしゃいますが

時々
おーい!と
言いたくなる場面もあります!!


よく出くわすのが
階段で、
↓や↑を 守ってくれていない方…


お年寄りとかに
ぶつかってしまったら
大きな事故になるーーー
危ないよぉーーーって

思います。

(正直、私も足元 恐いので…階段だもん!)




そして
やっぱり
乳幼児期の
「ルール」に対する大人の態度が

その人の
社会性、道徳性=人間性 を
作る基礎になる!って

思うんですよね…

頭ごなしに
ルールを守らせ
守れないなら罰を与えるっていう
やり方を
しないで欲しい…

「心を育てる」ことを
もっと重視して欲しい…



なんのための
↑↓なのか…

考える力を育てて欲しい…



駅を利用する人の
安全のために
↑↓があることを意識して欲しい…

大人が
子どもたちの
良い お手本に なるよう
意識して欲しい…




ちょうど
ベルサンテスタッフ株式会社
保育の就活応援サイト
「ほいコレナビ」に連載中のコラムで
社会性の芽生えについて
書いております。

読んで頂けたら
嬉しいです!

コチラ↓
http://hoikucollection.jp/infomation/post/1220/








一般社団法人そだち
代表&保育研修講師
内田淑佳(うちだよしか)



メルマガ【Enjoy! 保育!したいよね?!】
ご案内・ご登録はコチラ↓から【無料】
http://www.reservestock.jp/subscribe/52043



研修のご案内・お申し込みはコチラ↓から
http://ccyuccyu.web.fc2.com



個人セッション★グループセッション★
ご案内・ご予約はコチラ↓から
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/12265