一般社団法人そだち☆うちだよしかの日々徒然
出張!保育の質を高める研修会
こんにちは!!内田淑佳(うちだよしか)です。

昨日は
『保育の質を高める研修会』を、
大阪市鶴見区の みつばさ保育園さまにて
行いました。


夏の宝塚での研修会に
主任先生が参加してくださり、
ぜひ保育園に来て欲しい!という
ご依頼を頂きました。

せっかくなので
給食の先生も一緒に受講してもらいたい、
ということで
「食育」の研修を90分。

その後「保育所保育指針の活用法」を90分。

二本立てで みっちり研修させて頂きました。


分園の保育士さんも含め
25名さま。



給食の先生が
「バイキングしてみたいです!」
と仰ってくださり、
園長先生から
「給食室から このように言ってもらえると有り難いです。研修うけてもらってよかった!」
というお言葉を頂きました。


その他、頂いた感想の一部を ご紹介します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・「食育とは何か」難しく考えていましたが、空腹感、楽しく、という2つのワードで分かりやすくお話して頂き、イメージをつかむことができました。保育指針は、正直言うと あまり読んだことがありませんでした。今日をきっかけに、今後の保育を考えるときに参考にしたいと思います。

・保育指針の文言は本当に素晴らしいと思います。①指針に書いてあることを実践する②自分たちの保育が指針に繋がっているか確認する  両方の使い方で指針を興味深く読んで、保育者の心と子どもの環境が豊かになればいいなぁと思いました。

・私自身、食べることが好きなので食育の研修を受けられて良かったです。振り返れば食に関する会話の少ないクラスのように思いました。食に興味を持ち、楽しい雰囲気で給食や おやつを食べられるような環境づくりをしていこうと思います。

・保育所保育指針の大切さを再認識しました。先生のお話、他のテーマも またぜひ聞きたいです。

・保育所保育指針を探すために、部屋を大掃除するくらい開いていませんでした…お恥ずかしい…。今日の研修で使いやすさを発見しました。今後は大活躍まちがいなしです!

・とても分かりやすいお話でした。食育=空腹感と楽しさ…これから説明できそうです!保育指針は難しいイメージがありましたが、これからは計画や記録に役立てていきたいと思います。

・子どもたちが主体的に活動できる保育計画を立てられるよう努めます。

・保育指針はあまり見ていなかったです…今回とても分かりやすく、活用法を教えて頂き、よく理解できました。使っていきたいと思います。

・保育所保育指針は今まであまり見る機会がなく、とても良い時間になりました。食育もイメージで考えていたので、見る視点、育てる視点がわかりました。

・学校を卒業してから指針を開いたことがなく、書かれている内容も難しいと思っていました。この研修を受けさせて頂いて、難しいことではなく、今の自分に必要なものや、保育の中で大切なことが分かりやすく書かれているんだと感じました。これからは、保育指針を活用していきます。

・食育も保育指針も、とてもお話が分かりやすく、将来子どもがどんなふうに育ってほしいか、そのために今、何を大切に子どもたちと関わっていけば良いか、自分自身改めて見直すことが出来ました。

・保育指針を読むことで自分の主観や偏りがちな価値観を見直すことができる。食べること、遊ぶこと、子どもの生活では全て繋がっているので、総合的に色々な場面で指針をもとに保育を考えていく。子どもの課題についても指針を読み、振り返ることの大切さを再認識した。

・将来どんな人になってほしいか、ワークで考えていき、思いやりが全ての基礎になるということがよく理解できました。次回の研修にも参加させて頂きます。とても楽しみにしています。

・2歳児の担任で、食育ってどうするの?と思っていたので、工夫次第で出来ることがあると知り、ぜひすぐに取り入れたいです。

・基礎ってなんだろう、と思っていましたが、今日の研修で色々理解できました。保育指針の文章が、学生時代と全然違う感覚で読めました。子どもの姿が浮かんできて、一番大切な基礎がここにあるんだ!と思いました。もう一度ゆっくり読んでみようと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ご縁を頂いた
主任先生から

きっと「こんなにかんたんなんだ!」「これから利用しよう!」と保育指針への興味が これまでと違った職員が多かったと思います。また、保育だけでなく、職員間のコミュニケーションでも、内田先生のお話が活かされることを願っています。


という
ご感想を頂きました。


素敵なご縁を頂き
沢山の保育士さん、給食の先生とも
お会いできて
とても嬉しかったです。

今後とも
どうぞ宜しくお願いいたします!!


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック